木材の乾燥について | 自然素材での新築・リフォーム・リノベーションは河合工務店へ

お電話でのお問い合わせ
河合工務店のこだわり

木材の乾燥について

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
木材の乾燥について

ヒビの入りやすい高温乾燥

高温乾燥された杉の柱
高温乾燥された杉の柱

 木の乾燥は、出来るだけ時間は掛かりますが自然乾燥が一番理想的です・・・が、大量に家が建つ今日なかなか難しいです。
今一番多く使われるの乾燥方法は、短時間で乾燥が出来る「高温乾燥」です。

 問題なのは、この高温乾燥で乾燥すると、材の表面にはヒビが入りませんが、内部には大きなヒビが入ることです。

 構造材には、仕口や継手など色々な加工がされます。しかしこのように内部にヒビが入ると、仮に複雑な加工を仕口や継手にしても非常に弱くなります。
  また短時間で高温で乾燥する為、本来木材がもっている油気や粘り等がとんでしまい、粘りけの無い構造躯体が出来てしまいます。

 私達はこのような材の使用を避け、柱には自然乾燥材を、梁等の大きな材は低温乾燥した材を使用しています。

ページトップへ

株式会社河合工務店

〒164-0001 東京都中野区中野 1-41-20
TEL:03-3362-6492 / FAX:03-3363-3704
詳しくはこちら

Copyright © 河合工務店 All Rights Reserved.