耐震について|自然素材での新築・リフォーム・リノベーションは河合工務店へ

お電話でのお問い合わせ
河合工務店のこだわり

耐震について

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
耐震について

木造は地震に弱いのか? 阪神神戸大地震を見て

御影公会堂へ救援物資を
御影公会堂へ救援物資を

 阪神神戸大地震では木造が地震に弱い、地震に弱いと随分報道されました。
そんな事絶対無いと私達は仲間数人とワゴン車に救援物資を満載し、10日目にくまなく被害地を見て来ました。
大変な思いもしましたが、共通して言える事は以下のことです。

 

【1】 木造が他の建物に比べて地震に弱いのでない。
1階の平面プランの壁量不足やアンバランスな建物は、コンクリート造、鉄筋造、木造であれほとんどが倒壊、または大きな被害を出し、多くの人達がここで圧死されています。


建物被害
「建物被害」 1階の壁量不足
【2】 確かに木造は、特に古い建物等含めて沢山倒壊していますが、コンクリ、鉄骨、木造その建物の比率からすれば圧倒的に木造の建物が多い。この事を抜きにして、「木造が地震に弱い」と報道する事は必ずしも真実を伝えてはいません.

【3】 確かに地震は大きかったが、特に1階が不安定な建物や手抜き工事等、都合の悪い建物等随分早く処分してしまいましたね。この地震の大きさだけのせいにして、本来ならこれほど大きな被害にならなくてもと言う建物も沢山見て来ました 。地震も大きかったけど、人災も半分近くあるのではと思い帰ってきました。

【4】 私達家づくりのプロとして、少なくとも1階で圧死するような建物は造ってはならないと、そしてお施主様にも開口部だけ大きく要求されてもNOと言える、勇気を持つ事が大切ではないかとつくづく思いました。


合板や金物を使えば、強い家になる?

 この地震以降、合板を面材として床や、外壁に大量に使用されるようになりました。
確かに合板は耐震として使用しても問題はありません。しかしこれからは、長期100〜200年住宅が提案されます。

 日本は高湿多湿の国。合板はもともと水や湿度には弱いですから、壁の中での結露や湿気によって、100年などとてももつものではないと思います。面材として補助的に使用した方が良いと私たちは考えます。

 

 また、最近の建物は金物が耐震構造的にも沢山使用されるようになりました。金物を否定する物ではありませんが、柱、土台、構造材等穴だらけにしてまで必要だとは思いません。
 古い建物をリフォームで扱う事もありますが、金物等入っていてもガタガタでただ入っているだけで、釘の方がしっかりしているような現場も良く見られます。

 先日長期優良住宅の基準に沿った建物2棟の耐震実験がありました。
同じ間取り、同じプランで、1棟はホールダン金物でしっかり固められた住宅。
もう1棟は多少金物も使用するけどゆるやかな建物。
この2つの建物を同時に震度6で揺らしたところ、本来なら倒れないだろうと思っていた、沢山金物を使用した建物が倒壊してしましました。

金物推考者にとってはすごくショッキングな実験結果だと思います。

 私達は何が何でも沢山の金物を使うのではなく、木の本来持っている粘りや柔軟性を活かし、金物の利点も利用した家創りを提案し実践します。


阪神大震災 倒壊した建物


  • RC造 7階建て 築10年くらい

  • 1階 柱壁不足

  • 2×4工法の家

  • 1階 壁量不足

  • 新幹線柱コンクリの打ち継ぎミス

  • 新幹線柱の横筋がない

ページトップへ

株式会社河合工務店

〒164-0001 東京都中野区中野 1-41-20
TEL:03-3362-6492 / FAX:03-3363-3704
詳しくはこちら

Copyright © 河合工務店 All Rights Reserved.