ちょっと親子で一言 | 会社案内 | 自然素材での新築・リフォーム・リノベーションは河合工務店へ

お電話でのお問い合わせ
会社案内

ちょっと親子で一言

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
河合工務店のこだわり

ちょっと親子で一言

親父は 明治、大正、昭和、平成と職人一筋に生き今年3月他界

私はこんな頑固親父に 仕事は盗んで覚えろと言われ育った二代目

現在 三代目が修業中

 

この地域密着型のチラシは、昭和55年〜平成4年までの間、
38種中野区全域で100万枚以上配布し、
色々とこの業界で話題にもなったチラシの一部です。
(チラシの画像をクリックしますと、大きい画像を見ることができます。)


 

_
「電動鋸は材木屋の機械でさぁ。この手鋸はもう30年。近頃じゃ目立ての出来る若ぇ者が少なくなっちまって…」 「電動鋸は材木屋の機械でさぁ。この手鋸はもう30年。近頃じゃ目立ての出来る若ぇ者が少なくなっちまって…」
_
木造はせいぜい20年だって?とんでもねぇ。良い仕事さえすりゃ50年以上はたっぷりもつってもんでさあ……」 「木造はせいぜい20年だって?とんでもねぇ。良い仕事さえすりゃ50年以上はたっぷりもつってもんでさあ……」
_
「木は生きものでさぁ―。やたらボルトでしめたんじゃあ木が弱っちまう。釘一本の位置と打ち方が長持ちの秘訣。」 「木は生きものでさぁ―。やたらボルトでしめたんじゃあ木が弱っちまう。釘一本の位置と打ち方が長持ちの秘訣。」
_
「ノミはあっしの指。もう、ひとりでに働いてくれます。でもまあ、ツメはつぶれ、関節ばかりがでかくなっちまって」 「ノミはあっしの指。もう、ひとりでに働いてくれます。でもまあ、ツメはつぶれ、関節ばかりがでかくなっちまって」
_
ここにいる時だけは堅てぇ話はやめよう。木の香りは俺の気持をなごませてくれる。ありがてぇこった。 ここにいる時だけは堅てぇ話はやめよう。木の香りは俺の気持をなごませてくれる。ありがてぇこった。
_
中野で何軒建てたか、そんな数は憶えてられねぇ。でもまあ、こんなに長げえのはもうあっしだけだろう―今度は倅の番だ 中野で何軒建てたか、そんな数は憶えてられねぇ。でもまあ、こんなに長げえのはもうあっしだけだろう―今度は倅の番だ。
_
30年もかじられればいい加減、あっしの腕も細くなる。いつの間にやらこいつもそろそろ一人前。 30年もかじられればいい加減、あっしの腕も細くなる。いつの間にやらこいつもそろそろ一人前。
_
木の良さは下駄をはくと解る。なんとも言えない乾きと温もり―この素足の感覚を味わえるのは日本人だけだ。 木の良さは下駄をはくと解る。なんとも言えない乾きと温もり――この素足の感覚を味わえるのは日本人だけだ。
_
土台と柱は檜。梁と桁は松。目が取っているか、干し割れはないか――これが見分けられなくなったら大工はやめろ。 土台と柱は檜。梁と桁は松。目が取っているか、干し割れはないか――これが見分けられなくなったら大工はやめろ。
_
この柱にカンナをかければ五百年前の木の香りが蘇る。木は長寿。ちょっとやそっとじゃへこたれない。 この柱にカンナをかければ五百年前の木の香りが蘇る。木は長寿。ちょっとやそっとじゃへこたれない。
_
ここは歌舞伎の岩井半四朗さんの稽古場。踊りやすい床は木以外にない。堅過ぎても、軟らかすぎてもいけない。 ここは歌舞伎の岩井半四朗さんの稽古場。踊りやすい床は木以外にない。堅過ぎても、軟らかすぎてもいけない。
_
大事な話は和室に限る。ガラスやタイルの室じゃチカチカしてまとまる話もまとまらねぇ。 大事な話は和室に限る。ガラスやタイルの室じゃチカチカしてまとまる話もまとまらねぇ。
_
材木の見立てと使い方。それに釘をどこにどう打つ。ちったあそっとの地震じぁあっし築った家は倒れねぇ。 材木の見立てと使い方。それに釘をどこにどう打つ。ちったあそっとの地震じぁあっし築った家は倒れねぇ。
ページトップへ

株式会社河合工務店

〒164-0001
東京都中野区中野 1-41-20
TEL:03-3362-6492
FAX:03-3363-3704
詳しくはこちら

Copyright © 河合工務店 All Rights Reserved.